料金だけで決めてはダメ!

長期利用に耐えうるキャンペーンを選ぼう

WiMAXのキャンペーンを選ぼう2019

WiMAXのキャンペーンでどのキャンペーンを選んだらいいのか迷いませんか?いろいろなプロバイダーが我こそはと様々なキャンペーンを展開してます。

キャンペーンで悩む理由が各社の料金プランが違うことです。たとえばキャッシュバックキャンペーンをしているプロバイダーもあれば、月額料金を割引している会社もあります。

パッと見た時に安く見えるキャンペーンもよくよく計算して見るとじつは安くないなんてこともあります。こうしたキャンペーンにひっかかってしまうのは嫌ですね。そんなWiMAXのキャンペーンにありがちな「落とし穴」を回避しつつ、お得なキャンペーンを契約しましょう。

そこでこのサイトではWiMAXのキャンペーンの見分け方や注意するポイントとおすすめのキャンペーンを紹介していきます。ではさっそく見ていきましょう。

最新のWiMAXのプラン内容をサラッとおさらい

WiMAXをこれから初めて契約する人もいると思いますし、契約更新月を迎えて新しいキャンペーンを利用した乗り換え、再契約を検討している方もいらっしゃると思います。

以前契約をされていた方はWiMAXの契約はだいたい知っている。そう思っているかもしれませんが、いまの主流の契約期間は3年です。まえに契約したときはもっと契約期間が短くなかったでしょうか?このようにそもそもWiMAX契約プランが以前の認識と大きく違う可能性があるので、まずは現在のWiMAX契約プランをおさらいしておきましょう。

WiMAXキャンペーンの契約期間は3年に

2018年まではキャンペーンでも2年契約がありましたから、2年契約を選択することができました。しかし、現在のキャンペーンは3年契約だけになってしまいました。

契約期間が3年になったことでメリットは1つデメリットが2つあります。

3年契約のメリット

WiMAX3年契約のメリットは何といってもau4GLTEを使う「ハイスピードプラスエリアモード」利用時の追加料金(LTEオプション料金)が無料になったこと。これまではわざわざ追加料金を支払ってまでLTEを使いたくないって思ってた方もいると思います。しかし、これからはハイスピードプラスエリアモードを利用しても追加料金は必要ありません。

これからのWIMAXはLTEも無料です。これ「WiMAXで十分だからハイスピードプラスエリアモードなんて使わない」なんて言ってた人(私もその1人でしたがそれが何か?)も一度使ってみてください。メチャクチャ便利です。これ本当に。利用できるエリアがドドーン広がります。大型ショッピングモールに入っても大丈夫。ビルにはいっても大丈夫です。なんでこれまで要らないなんていってたんだろうと思う程度には便利です。これは本当に嬉しい変更でしたね。

3年契約のデメリット

一方で3年契約のデメリットも2つあります。どちらも長期契約にともなう問題なのですが。

まずは長期契約になるために、途中で新しい料金プランや通信速度の大幅向上など技術的な向上があったときにも対応できない、もしくは対応できたとしても損をしてしまうことでしょう。

例えば、3年契約プランが販売されて、3年プランのほうが魅力的だからと料金プランを変更したいと考えたとします。料金プランの変更そのものには対応できるのですが、契約している端末が新しくなるわけでもないですし、契約途中の料金プランの変更は、変更した翌月から3年契約がスタートします。これまでの契約期間はリセットされてしまいます。これではとても料金プランを変更しようとは思えないでしょう。

2つめのデメリットは契約期間の長期化に伴うモバイルルーターの劣化問題です。

モバイルルーターもスマホ同様にバッテリーで動いています。スマホやノートパソコンを使っていると分かると思いますが、長期利用していると明らかにバッテリーの持ちが悪くなります。モバイルルーターは持ち運びで利用するとスマホと同じ時間動かし続けないといけません。充電しつつ使うことも増えると思います。そうなるとバッテリーの劣化がさらに加速します。

また短期契約に比べると故障のリスクも大きくなります。wimaxは故障時の保証で良いプランがありません。そのために、自然故障でも保証されるのは契約1年目のみ。2年目以降の故障に関しては自己責任で対応する必要があります。

昔の1年契約のときはそんあ心配もなかったのですがね。なにせ1年契約なので1年以内の自然故障はメーカー対応で無償で修理してもらえましたから。

それを考えると3年契約はかなりリスクが大きくなります。

WiMAXの料金プランは変わっていない

契約期間が長くなったものの、料金プランはかわっていません。

本家UQコミュニケーションズのホームページを見ると分かりますが、WiMAX3年 UQ Flatツープラスギガ放題プランで「月額4,380円」です。これがキャンペーンを活用することでいくら安くなるのか?ここがポイントですね。

2019年 WiMAXキャペーン料金安い7社を比較

機種によってキャンペーンの料金が異なるのもWiMAXの特徴です。現在のメイン機種はW06もしくはWX05でしょう。他の機種はすでに型落ちとなっているのでできるだけ新しい機種をオススメします。もし、機種にはこだわらないから安い機種を探したいのであれば、古い型落ち機種から選ぶのもいいと思います。

必ずしも型落ち機種が安いとも限らないのですが、キャッシュバックが上乗せされていたり、割引額がアップしていることはあるのでそうしたチャンスを見逃さなければ安く契約することができます。

さて最新機種のプロバイダー比較にいきましょう。結論から言ってしまうと、おすすめはSo-net WiMAXです。なぜならSo-net WiMAXは問題となる機種故障を回避できるからです。その点は料金プランと併せて詳しく解説していきます。

  • 更新 トップページの更新をしました。